わきが手術との比較

ミラドライ治療とわきが手術を比較してご紹介します。
二つの治療方法の特徴や違いについて纏めています。
わきがの治療をご検討されている方は参考にしてみて下さい。

HOME >わきが手術との比較

わきが手術との比較

体の中でに気になるニオイが、わきがです。
わきがは、アポクリン汗腺から出る汗が皮膚内の細菌と分解することによって、特有のニオイを発生します。
体質的な問題が一番の原因ではないかと思われがちですが、アポクリン汗腺が深く関わっています。
ここでは、一般的なわきが手術の方法とミラドライとの比較について説明します。

わきが手術について

わきがの治療を行う場合、剪除法と呼ばれる外科的手術の対応が一般的です。
これは、アポクリン汗腺の除去を目的とする治療法で、患部を専用のはさみで数cm程度切開し、皮膚をひっくり返し、目視でアポクリン腺を確認しつつ除去するということです。
ニオイのもとを除去できるというメリットがありますが、傷跡が残り、術後から普段通りの生活に戻るまで、時間がかかるというデメリットもあります。

これに対し、ミラドライは患部にメスを入れず、マイクロ波を照射することで多汗症はもちろん、わきがの治療にも対応することができます。それまでは術後による傷跡が残るという懸念点がありましたが、ミラドライの登場により、カバーすることができました。費用で見ても、完治する時までにかかるコストは安く、術後のダウンタイムを見ても、ミラドライはすぐに日常生活に戻れるほどのメリットがあります。

わきが手術とミラドライの比較

  ミラドライ 手術
傷跡の有無 無し 有り
効果 永続的 永続的
わきが治療として 有効 有効
多汗症治療として 有効 多汗症には不向き
日常生活の影響 問題なし 3日以上の安静が必要
治療時間 約1時間 1時間以上
4時間のケースも

どちらの施術も効果はありますが、わきが手術の場合、医師の技術的能力が高くなければ、再発する可能性が高くなります。
特に重要なのは、アポクリン腺を構成する腺体と腺根の除去が適切に行えるかどうかです。
少しでも切り残しがあればアポクリン腺は復活します。
日常生活への影響や傷跡について等、施術前によくご検討してから治療することをオススメします。

ドクターからのコメント

わきが手術は患部を切開しアポクリン腺を除去する治療法の反面、技術不足によるアポクリン腺の再発リスクを伴います。ニオイのもとを無くすことができるのがメリットになりますが、傷跡が残ったり術後の回復経過が長いというデメリットもあります。

アクセス情報

東京・秋葉原での切らないわきが治療なら、秋葉原フロンティアクリニックのミラドライ。

住所 〒101-0021
千代田区外神田2-3-7 アーバンファーストビル2F
電話番号
診療時間 【月・水】11:00~13:00・15:00~18:00
【火】15:00~19:00
【金】11:00~13:00・15:00~19:00
【土・祝日】10:00~12:30・14:30~17:00
※完全予約制
休診日 日曜・木曜
アクセス 東京メトロ新御茶ノ水駅 徒歩4分
JR御茶ノ水駅 徒歩5分
JR秋葉原駅 徒歩6分

経路詳細

ページトップ